Windows XP の高速化方法を動画で解説。バックアップ・リカバリなど、、、

Windows XP 高速化 ようこそ!
当サイトは、Windows XP の高速化を動画で解説をしております。
快適設定、高速化、バックアップ、リカバリ、セキュリティ
、などをご紹介していきたいと思います。

The Camtasia Studio video content presented here requires JavaScript to be enabled and the latest version of the Macromedia Flash Player. If you are you using a browser with JavaScript disabled please enable it now. Otherwise, please update your version of the free Flash Player by downloading here.

スポンサーリンク
迷惑メールを自動削除>>TOPページへ戻る。
迷惑メールを自動判別してくれる「POPFile」というソフトを導入し、
現在使っているメールソフトと連携し、迷惑メールかどうかを判別してくれる。

「POPFileのダウンロードは⇒こちら。



1、 セットアップウィザードを起動します
   まずは、「Nihongo」となっているか確認しましょう。

2、 「日本語の分かち書き」用のプログラムを選択
   「kakasi:漢字→かな(ローマ字)変換プログラム(推奨)」にチェックします

3、 通信に使うポート番号も指定できますが、特に必要ないかぎり標準の設定のままインストールしましょう

4、 バケツとは、「PopFile」で、メールを分類するときの容れ物です
   最低2つは必要ですが、不要なバケツにはチェックを入れ、「続行」しましょう

5、 メールクライアントの設定では、「(*)」のついてるメールソフトは設定を自動で変更できます

6、 Outlook Expressの設定変更画面では、アカウント情報にチェックを入れます

7、 セットアップウィザードが完了したら、設定変更したメールソフトを起動しましょう

8、 メールを受信してみて、メールの件名に「[unclassfied]」と先頭に表示されたら正しく設定されています

9、 Outlook Expressの場合、ツール⇒メッセージルール⇒メールを選択

10、 
ルールの条件⇒件名に指定した言葉が含まれる場合
ルールのアクション⇒削除する
にチェックを入れます

11、 ルール名に、わかりやすく名前を付けましょう


12、 ルールの説明の「指定した言葉が含まれる」をクリックし、単語入力に「[spam]」と記入し、追加を押します
    ※これで受信メールの件名に「[apam]」とついたメールは自動的に、削除済みアイテムに移動になります

13、 OKを押して完了です










当サイトで、最も効果が高い高速化方法のページランキング

ウイルス対策ソフトを変える   最も効果あり!
ネット回線を高速化する
一時ファイルやクッキーファイルの削除

※動画が再生されない場合は、こちらからダウンロードしてください⇒ Flash Player



Windows XP 高速化 TOPページへ