Windows XP の高速化方法を動画で解説。バックアップ・リカバリなど、、、

Windows XP 高速化 ようこそ!
当サイトは、Windows XP の高速化を動画で解説をしております。
快適設定、高速化、バックアップ、リカバリ、セキュリティ
、などをご紹介していきたいと思います。

The Camtasia Studio video content presented here requires JavaScript to be enabled and the latest version of the Macromedia Flash Player. If you are you using a browser with JavaScript disabled please enable it now. Otherwise, please update your version of the free Flash Player by downloading here.

スポンサーリンク
2次キャッシュサイズの変更(CPUの処理速度の向上)>>TOPページへ戻る。
キャッシュメモリは、1次2次とあり、物理メモリよりも高速。
ところがCPUが「512KB」の2次キャッシュをもっていても、XPの初期設定は「256KB」になっている。
この値を変更すれば、CPUの処理速度を向上できる。

注意点
この設定変更で処理速度が向上するのは、「ダイレクト・マップ」方式のCPUのみ。
PentiumU以降などのCPUは、「セット・アソシエイティブ」方式なので、設定を変更しても、意味がないので、
CPUの種類を確認した上で設定を変更しましょう。


1、 スタート⇒ファイル名を指定して実行の名前欄に「regedit」と入力しOKを押します

2、 「HKEY_LOCAL_MACHINE」⇒「SYSTEM」⇒「CurrentControlSet」⇒「Control」⇒
   「SessionManager」⇒「MemoryManagement」を選択

3、 値の一覧より、「SecondLevelDataCache」をダブルクリック


4、 値のデータを「512」、表記を「10進」にしてOKを押して完了です。
   ※CPUの2次キャッシュが512KBよりも大きい場合は、その値を入れましょう

   Windowsを再起動して設定を有効にします








当サイトで、最も効果が高い高速化方法のページランキング

ウイルス対策ソフトを変える   最も効果あり!
ネット回線を高速化する
一時ファイルやクッキーファイルの削除

※動画が再生されない場合は、こちらからダウンロードしてください⇒ Flash Player



Windows XP 高速化 TOPページへ