Windows XP の高速化方法を動画で解説。バックアップ・リカバリなど、、、

Windows XP 高速化 ようこそ!
当サイトは、Windows XP の高速化を動画で解説をしております。
快適設定、高速化、バックアップ、リカバリ、セキュリティ
、などをご紹介していきたいと思います。

The Camtasia Studio video content presented here requires JavaScript to be enabled and the latest version of the Macromedia Flash Player. If you are you using a browser with JavaScript disabled please enable it now. Otherwise, please update your version of the free Flash Player by downloading here.

スポンサーリンク
Windows終了時に自動削除(断片化するスワップファイル)>>TOPページへ戻る。
メモリの空き領域が不足すると、WindowsXPはメモリ上の未使用データを一時的にハードディスク上へ保存します。
この時、保存されるのが、スワップファイルで、Windowsはあらかじめ、スワップファイルを保存する領域を確保しています。
しかし、この領域は、使い続けるうちに断片化してします、
パフォーマンスが次第に低下します。

デフラグを実行しても、この領域の断片化は解消されないので、Windows終了時に
スワップファイルを削除する設定にしましょう。

スワップファイルは、一時ファイルなので、削除しても動作に問題はありません。



1、 スタート⇒ファイル名を指定して実行の名前欄に、「regedit」と入力しOKを押します

2、 「HKEY_LOCAL_MACHINE」⇒「SYSTEM」⇒「CurrentControlSet」⇒「Control」⇒「SessionManager」⇒
   「MemoryManagement」を選択します

3、 「ClearPageFileAtShutdown」をダブルクリックします
   ※見当たらない場合は新規作成しましょう、名前を間違わないように気をつけてください。


4、 値のデータを「1」、表記を「16進」にしてOKを押して完了です。









当サイトで、最も効果が高い高速化方法のページランキング

ウイルス対策ソフトを変える   最も効果あり!
ネット回線を高速化する
一時ファイルやクッキーファイルの削除

※動画が再生されない場合は、こちらからダウンロードしてください⇒ Flash Player



Windows XP 高速化 TOPページへ