Windows XP の高速化方法を動画で解説。バックアップ・リカバリなど、、、

Windows XP 高速化 ようこそ!
当サイトは、Windows XP の高速化を動画で解説をしております。
快適設定、高速化、バックアップ、リカバリ、セキュリティ
、などをご紹介していきたいと思います。

The Camtasia Studio video content presented here requires JavaScript to be enabled and the latest version of the Macromedia Flash Player. If you are you using a browser with JavaScript disabled please enable it now. Otherwise, please update your version of the free Flash Player by downloading here.

スポンサーリンク
システムソースの容量を増やしソシテム不足のエラーを回避>>TOPページへ戻る。
WindowsXPでは、リソース不足によるエラーが起きることは少ないですが、
メモリを正しく解放できない「メモリリーク」エラーを抱えたアプリケーションの起動や
大量のアプリケーションの起動など、メモリ不足エラーを起こす可能性がある。
安定したシステム環境を目指す場合、「デスクトップアプリケーションヒープ」の割りあてサイズを増やしておきましょう。
セキュリティソフトが原因で「十分なメモリがありません」ト表示される場合は、「IRPStackSize」を変更しましょう。


1、 スタート⇒ファイル名を指定して実行の名前欄に「regedit」と入力し、OKを押す

2、 「HEKY_LOCAL_MACHINE」⇒「SYSTEM」⇒「CurrentControlSet」⇒「Control」⇒「SeesionManager」⇒
   「SubSystems」を選択します

3、 右側の値の一覧から、「Windows」をダブルクリックします

4、 値のデータから「SharedSection=1024,3072,512」と書かれている部分を探します

5、 2番目の数値を「256」単位で増やします
   例:3072⇒3584に変更する


6、 左側のツリーで、「HKEY_LOCAL_MACHINE」⇒「SYSTEM」⇒「CurrentControlSet」⇒「Services」⇒
   「lanmanserver」⇒「parameters」を選択します

7、 右側の値一覧の「IRPStackSiza」をダブルクリック
   ※ない場合は、右クリック⇒新規⇒「DWORD」で作成します

8、 値のデータを「15」、表記を「10進」でOKを押しましょう。
   これで完了です。








当サイトで、最も効果が高い高速化方法のページランキング

ウイルス対策ソフトを変える   最も効果あり!
ネット回線を高速化する
一時ファイルやクッキーファイルの削除

※動画が再生されない場合は、こちらからダウンロードしてください⇒ Flash Player



Windows XP 高速化 TOPページへ