Windows XP の高速化方法を動画で解説。バックアップ・リカバリなど、、、

Windows XP 高速化 ようこそ!
当サイトは、Windows XP の高速化を動画で解説をしております。
快適設定、高速化、バックアップ、リカバリ、セキュリティ
、などをご紹介していきたいと思います。

The Camtasia Studio video content presented here requires JavaScript to be enabled and the latest version of the Macromedia Flash Player. If you are you using a browser with JavaScript disabled please enable it now. Otherwise, please update your version of the free Flash Player by downloading here.

スポンサーリンク
カーネルメモリを物理メモリに常駐させる>>TOPページへ戻る。
WindowsXPは、OSの核、基本的な機能を実行する「カーネル」とよばれる、ソフトウェアを「カーネルメモリ」と呼ばれる
特殊な領域に常駐させています。
カーネルメモリは物理メモリの上に、構成される、「非ページプール」のほか、ハードディスクの仮想メモリに構成される
「ページプール」にも保存されます。
即ぞが遅いページプールを使って保存されると、動作速度が大幅に低下します。
大容量メモリを搭載、毎回使うアプリケーションを起動しても、メモリの空き容量が十分にある場合は、
全てのカーネルを非ページプールに常駐させれば、快適なシステム構築ができます


1、 スタート⇒ファイル名を指定して実行⇒名前欄に「regedit」と入力しOKを押す

2、 「HKEY_LOCAL_MACHINE」⇒「SYSTEM」⇒「CurrentControlSet」⇒「Control」⇒「SessionManager」⇒
   「MemoryManagement」を選択

3、 右側の値の一覧から、「DisablePagingExecutive」をダブルクリックします
   ※値が見つからない場合は、空白箇所で右クリック⇒新規⇒「DWORD値」⇒「DisablePagingExecutive」で作成します

4、 値のデータを「1」、表記を「16進」にして、OKを押して完了です


5、 レジストリエディタを終了させ、XPを再起動させ、設定を反映させましょう。




スポンサーリンク
※動画が再生されない場合は、こちらからダウンロードしてください⇒ Flash Player



Windows XP 高速化 TOPページへ