Windows XP の高速化方法を動画で解説。バックアップ・リカバリなど、、、

Windows XP 高速化 ようこそ!
当サイトは、Windows XP の高速化を動画で解説をしております。
快適設定、高速化、バックアップ、リカバリ、セキュリティ
、などをご紹介していきたいと思います。

The Camtasia Studio video content presented here requires JavaScript to be enabled and the latest version of the Macromedia Flash Player. If you are you using a browser with JavaScript disabled please enable it now. Otherwise, please update your version of the free Flash Player by downloading here.

スポンサーリンク
アラートで通知(ハードディスクの空き容量不足)>>TOPページへ戻る。
ハードディスクの容量が、不足すると、動作が不安定になったり、
最悪の場合、動かなくなる場合があります。

ハードディスクの空き容量が設定値を下回ったら、アラート通知(警告メッセージ)するように設定します。




1、 スタートメニューより、「ファイル名を指定して実行」を選択し、名前欄に、「regedit」と入力しOKを押します。

2、 「HKEY_LOCAL_MACHINE」⇒「SYSTEM」⇒「CurrentControlSet」⇒「Services」⇒「lanmanserver」を選択
   ※各名前の先の「+」をクリックすると、開きます

3、 「parametes」キーを選択し、画面右側の空白部分で、右クリックし、「新規」⇒「DWORD値」を選び
   「新しい値♯」に、「Disk Space Threshold」と名前を入力します

4、 それをダブルクリックします

5、 表記欄の「10進」にチェックを入れ、値のデータ欄に「30」と入れます。
   ※データは10進で、「0〜99」の間で設定しましょう。
    数値は%です。
    空き容量が、その%を下回ったら、アラートが表示されます



6、 OKを押して、上部バーのファイルより、「レジストリエディタの終了」で完了です
   ※パソコンの再起動後、設定が有効になります








当サイトで、最も効果が高い高速化方法のページランキング

ウイルス対策ソフトを変える   最も効果あり!
ネット回線を高速化する
一時ファイルやクッキーファイルの削除

※動画が再生されない場合は、こちらからダウンロードしてください⇒ Flash Player



Windows XP 高速化 TOPページへ