Windows XP の高速化方法を動画で解説。バックアップ・リカバリなど、、、

Windows XP 高速化 ようこそ!
当サイトは、Windows XP の高速化を動画で解説をしております。
快適設定、高速化、バックアップ、リカバリ、セキュリティ
、などをご紹介していきたいと思います。

The Camtasia Studio video content presented here requires JavaScript to be enabled and the latest version of the Macromedia Flash Player. If you are you using a browser with JavaScript disabled please enable it now. Otherwise, please update your version of the free Flash Player by downloading here.

スポンサーリンク
レジストリの変更(動作の高速化)>>TOPページへ戻る。
レジストリは、Windowsやアプリケーションが動作する上で、必要になる、設定情報を記述したデータベースファイルです。
通常Windowsの一部の設定は、コントロールパネルで行い、レジストリに反影されます。
コントロールパネルの設定と、レジストリの設定で、異なる点は、レジストリを直接書き換えることによって、
全ての設定の、細かなカスタマイズが可能なことです。

※書き換えを誤ると、パソコンの動作が不安定になったり、最悪の場合、Windowsが起動しなくなる場合もあります。
初心者がうかつに触るのは危険です。

レジストリを変更する事で、可能になる、高速化設定もあります。


作業前に必ず、復元ポイントを作って変更前のレジストリをバックアップしてください。



<レジストリエディタを開く>

1、 スタートより、「ファイル名を指定して実行」をクリックし、名前の欄に、「regedit」と入力しOKを押しましょう。

<キーを開いて設定項目を表示>

2、※それぞれの名前の前についている「+」をクリックすると、順番にキーを開いていけます。
  
  「HKEY_LOCAL_MACHINE」⇒「SOFTWARE」⇒「Microsoft」⇒「Windows NT」⇒「AeDebug」の順番に開きます。



<目的の設定項目が無い場合は、項目を作りましょう>

3、 画面の右側の空白の部分で、右クリック⇒新規⇒××値(DWORD値)などを選ぶ。

4、 「新しい値♯1」が作成されるので、設定項目の名前を付ける。
   (例:Autoなど。 動画では、aaとしています。)

※ ここで作成した設定項目を、右クリックから削除を選んで削除をすると、
   設定は初期値に戻ります。



<値>のデータを設定

5、 目的の設定項目をダブルクリック

6、 値のデータに、設定値を入力し、OKを押します。

7、 上部バーの、ファイルより「レジストリエディタの終了」を選び完了です

※ Windowsを再起動すると、設定が有効になります




<5つのルートキーとその内容>
レジストリ設定キーには、5つの種類があります。
下記参照。


キーの種類 概要
HKEY_CLASSES_ROOT Windowsで扱うすべてのファイルに関する設定。
ファイルのアイコンや右クリックメニューの設定が変更可能。
HKEY_CURRENT_USER 現在ログオンしているユーザーの設定情報。
アプリケーションに関する設定が、
下層の「SOFTWARE」階層にある。
HKEY_LOCAL_MACHINE 接続されているハードウェアや
デバイスドライブに関する設定情報。
HKEY_USERS ユーザー別の設定情報。
HKEY_CURRENT_CONFIG 現在ログオンしているユーザーのハードウェアに
関する設定情報。
プリンタやスキャナなど。







当サイトで、最も効果が高い高速化方法のページランキング

ウイルス対策ソフトを変える   最も効果あり!
ネット回線を高速化する
一時ファイルやクッキーファイルの削除

※動画が再生されない場合は、こちらからダウンロードしてください⇒ Flash Player



Windows XP 高速化 TOPページへ