Windows XP の高速化方法を動画で解説。バックアップ・リカバリなど、、、

Windows XP 高速化 ようこそ!
当サイトは、Windows XP の高速化を動画で解説をしております。
快適設定、高速化、バックアップ、リカバリ、セキュリティ
、などをご紹介していきたいと思います。

The Camtasia Studio video content presented here requires JavaScript to be enabled and the latest version of the Macromedia Flash Player. If you are you using a browser with JavaScript disabled please enable it now. Otherwise, please update your version of the free Flash Player by downloading here.

スポンサーリンク
起動ロゴを非表示にする>>TOPページへ戻る。
パソコンの起動時に表示されるXPロゴマークは、特別な機能をはたしているわけではないので、
非表示設定にして、起動時間の短縮をします。



1、 スタートメニューより、「ファイル名を指定して実行」を選択

2、 名前の欄に、「msconfig」と入力して、OKを押します

3、 システム構成ユーティリティで、「BOOT.INI」タブを開いて、
   「/NOGUIBOOT」にチェックを入れます

4、 OKを押して完了です。
   ※次回の起動から、ロゴが非表示になります。



<システム構成ユーティリティの他のブートオプション>
上記は、起動ロゴを非表示に設定する「/NOGUIBOOT」以外にも、
いくつか、起動の際の設定機能があります。

どのような機能なのか、下記参照してください。

※現在問題なく、起動しているのであれば、とくに設定変更をする必要はありません。



コマンド名 モード名 機能の説明
/SAFEBOOT 通常起動をしない時など、Windowsを
セーフモードで起動する。
以下のパロメーターにより、起動時の
モードを指定します。
MINIMAL セーフモード 起動するのために必要な、
最低限のデバイス情報とサービス。
NETWORK セーフモードとネットワーク セーフモードとネットワークに必要な、
デバイス情報とサービス。
DESREPAIR ディレクトリサービス復元モード ディレクトリサービスの復元などを
実行するサービス。
MINIMAL(ALTERNATESHELL) セーフモードとコマンドプロンプト セーフモードの状態で、
コマンドを使うCmd.exeが起動。
/BOOTLOG 起動時に必要なドライバを特定する時に使用。
メモリに読み込まれたドライバを「system\Ntbtlog.txt」ファイルに書き出す。
/BASEVIDEO 新しいビデオアダプタが動作するかを試すときなどに使用。
全てのビデオアダプタと互換性のある標準仕様の16色・VGAモード(640×480)
表示になります。
通常、この2つのコマンドは併用。
/SOS







当サイトで、最も効果が高い高速化方法のページランキング

ウイルス対策ソフトを変える   最も効果あり!
ネット回線を高速化する
一時ファイルやクッキーファイルの削除

※動画が再生されない場合は、こちらからダウンロードしてください⇒ Flash Player



Windows XP 高速化 TOPページへ