Windows XP の高速化方法を動画で解説。バックアップ・リカバリなど、、、

Windows XP 高速化 ようこそ!
当サイトは、Windows XP の高速化を動画で解説をしております。
快適設定、高速化、バックアップ、リカバリ、セキュリティ
、などをご紹介していきたいと思います。

The Camtasia Studio video content presented here requires JavaScript to be enabled and the latest version of the Macromedia Flash Player. If you are you using a browser with JavaScript disabled please enable it now. Otherwise, please update your version of the free Flash Player by downloading here.

スポンサーリンク
デフラグでファイルの断片化を解消しよう>>TOPページへ戻る。
断片化とは、
ハードディスクは、ソフトやデータなどの書き込み・削除を繰り返していくうちに、
しだいに、データがハードディスク内に散り散りに保存されること。

断片化が進むと、
ハードディスクからの読み取りに時間がかかったり、
パソコンの起動や、ソフトの起動、ファイルの読み込みにも、時間がかかるようになります。

定期的に「デフラグ作業」をすることによって、ハードディスクの断片化を解消しましょう。
※デフラグ実行前に、ハードディスク内の大掃除や、ハードディスクの修復をすることで、快適な動作を期待できます。

また、デフラグが中断しないように、
電源が切れたり、シャットダウンしたりしない「電源設定」をしておきましょう。



<電源設定>
1、 スタートメニューより、コントロールパネルを選択します。
   ※作業前に、全てのソフトを終了させておきましょう。


2、 電源オプションをクリックしましょう。
   ※表示形式が、動画と違う場合は、コントロールパネル⇒パフォーマンスとメンテナンス⇒電源オプション
   という順で、開きます。


3、 電源オプションのプロパティより、電源設定のタブを開き、
   「電源設定」という欄の▼をクリックして「常にオン」を選択しましょう。
   ※ノートパソコンは、必ずAC電源を使用してください。


<デフラグ作業>
1、 スタートメニューより、全てのプログラム⇒アクセサリ⇒システムツール⇒「ディスクデフラグ」を選択。

2、 ボリュームという欄から、デフラグしたいドライブを指定しましょう。
   ※通常はCドライブを選びますが、使用環境に合わせて選択してください。

3、 分析をクリックします。

4、 ディスクデフラグツールで、「最適化」をクリックします。
   ※最適化する必要はありませんと表示された場合でも、最適化を実行するほうがよいでしょう。

5、 デフラグ作業が終了したら、「閉じる」をクリックして、完了です。
   ※デフラグ作業は、時間がかかる場合があります。









当サイトで、最も効果が高い高速化方法のページランキング

ウイルス対策ソフトを変える   最も効果あり!
ネット回線を高速化する
一時ファイルやクッキーファイルの削除

※動画が再生されない場合は、こちらからダウンロードしてください⇒ Flash Player



Windows XP 高速化 TOPページへ