Windows XP の高速化方法を動画で解説。バックアップ・リカバリなど、、、

Windows XP 高速化 ようこそ!
当サイトは、Windows XP の高速化を動画で解説をしております。
快適設定、高速化、バックアップ、リカバリ、セキュリティ
、などをご紹介していきたいと思います。

The Camtasia Studio video content presented here requires JavaScript to be enabled and the latest version of the Macromedia Flash Player. If you are you using a browser with JavaScript disabled please enable it now. Otherwise, please update your version of the free Flash Player by downloading here.

スポンサーリンク
使わないウィンドウズの「サービス」停止>>TOPページへ戻る。
「サービス」とは、
Windows XPの機能として、自動的に起動することです。
使わないサービスを停止することにより、常駐ソフト停止と同様に、
パソコンの起動を速くするほか、メモリの空きを増やせるので、パソコンの安定化にも繋がります。



1、 スタートメニューより、マイコンピューターで右クリックして、
   管理を選択しましょう。

2、 サービスとアプリケーションをダブルクリックします。
   ※サービスとアプリケーションの下に「サービス」と出ていたら、しなくていいです。

3、 右側の「サービス」をクリックすると、サービス一覧が表示されます。

4、 使わないサービスをダブルクリックしましょう。
   
5、 プロパティの、全般タグを開き、「スタートアップの種類」の▼をクリックして、
   「無効」を選びましょう。
   
 ※  依存関係というタブをクリックすると、このファイルに依存しているプログラムがあるかどうか、
    わかるので、確認しましょう。
    依存関係にある場合は、影響を受けてしまうので無効化には、注意が必要です。



6、 OKを押して完了です。



「無効化」にしてもよいサービスを見極めよう。
現在の利用状況に合わせて、停止しても問題のない、サービスを見極めましょう。
無効化の際には、「依存関係」のタブを開いて、<依存関係なし>なら無効化が可能です。


<利用状況に応じて「無効化」できるサービスの例>

FAX⇒FAXを使わない

Messenger⇒ネットワーク上で、複数のPCを管理しない

Computer Browser⇒ネットワーク上のPC情報を管理しない

Serve⇒ファイルやプリンタを共有しない

Task Scheduler⇒タスクスケジューラーを使わない

Terminal Services⇒ネットでつながった相手のPCを操作しない

Web Client⇒「このフォルダをWebに公開する」を使わない

Wireless Zero と Configuration⇒  無線LANを使わない

Smart Card⇒セキュリティ認証用のカードを利用しない



※上記はあくまでも一例ですので、使用状況・環境に合わせて設定しましょう。






当サイトで、最も効果が高い高速化方法のページランキング

ウイルス対策ソフトを変える   最も効果あり!
ネット回線を高速化する
一時ファイルやクッキーファイルの削除

※動画が再生されない場合は、こちらからダウンロードしてください⇒ Flash Player



Windows XP 高速化 TOPページへ